top
高齢者福祉

介護保険について

1 介護保険とは
 介護保険とは、40歳以上のすべての方が加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要になったときの生活をみんなで支える制度です。介護や支援が必要とされた方は、介護(支援)に関するサービスが受けられます。

2 介護保険証
 65歳以上の方は全員に、40歳から64歳の方は要介護・要支援の認定を受けた方に介護保険の保険証が交付されます。認定の申請やサービスを利用する際などに提出します。

3 介護保険料
 第1号被保険者(65歳以上)
 東彼杵町介護保険基準額をもとに、所得段階に応じて決まります。
 ・特別徴収・・・年金が年額18万円以上の場合は、年金支給月に保険料があらかじめ差し引かれます。(6回払い)
 ・普通徴収・・・年金が年額18万円未満の場合は、納付書もしくは口座振替により納めます。(10回払い)

 第2号被保険者(40歳から64歳)
 ・国民健康保険に加入している方・・・国民健康保険税と合わせて納めます。
 ・職場の健康保険に加入している方・・・給与などから徴収されます。

4 要介護・要支援となる対象者
 (1)第1号被保険者(65歳以上の方)
 
特定疾病16種(老化が原因とされる病気)により日常生活に介護や支援が必要と認められた方。

5 こんな時は届出を
区分
こんなとき
手続きに必要なもの
住所異動
他の市町村から転入したとき 印鑑、転出証明書、 介護保険受給資格証明書(認定を受けていた方)
町内から町内へ転居するとき 印鑑、介護保険被保険者証
他の市町村へ転出するとき
その他
氏名が変わったとき
死亡したとき 相続人の通帳及び印鑑、介護保険被保険者証
要介護・要支援認定を受けたいとき 印鑑、介護保険被保険者証

6 利用料
 介護保険のサービスを利用する際には、サービスにかかる費用の1割を支払います。また、施設でのサービスを利用する場合の食費・居住費については所得に応じた一定額を負担、理美容などの日常生活費は自己負担になります。

地域包括支援センター

1 地域包括支援センターについて
 高齢者の方が住みなれた地域で安心して暮らせるように、介護、福祉、健康、医療など様々な面から総合的な支援を行うため、地域包括支援センターが設置されました。地域包括支援センターでは保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャーなどが介護予防に関するマネジメントや高齢者への総合的な支援を行います。

2 地域包括支援センターの主な仕事
○総合相談・支援
 高齢者やその家族の皆さんが抱える悩みや心配事などに対応します。 介護、保健、医療、福祉に関することなど、何でもご相談ください。

◯介護予防ケアマネジメント
 介護が必要となるおそれのある高齢者及び要支援1・2の方に介護予防ケアプランの作成を行います。

○権利擁護
 高齢者の皆さんが安心して暮らせるよう、さまざまな権利を守ります。高齢者虐待の早期発見や、成年後見制度の紹介、消費者被害対応などを行います。

○包括的・継続的ケアマネジメント支援
 高齢者に対して、包括的かつ継続的サービスが提供されるように、地域の多様な社会資源を活用したケアマネジメント体制の構築を支援します。

要介護認定を受けた方の障害者控除及び特別障害者控除について

⇒こちらをごらんください

  • ホーム 町のごあんない
  •  くらしのガイド
  •  施設案内 トピックス お問い合せ サイトマップ