町章
ホームくらしのガイド>地域包括支援センター
地域包括支援センター
地域包括支援センターについて
地域包括支援センターの主な仕事

地域包括支援センター

地域包括支援センターについて

 高齢者の方が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、介護、福祉、健康、医療など様々な面から総合的な支援を行う高齢者の相談窓口です。地域包括支援センターでは、保健師、社会福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門員)などが、高齢者ご本人やご家族からの相談に応じ他機関と連携しながら支援を行います。
 また、心身ともに健康で過ごせるよう介護予防に関する活動を行っています。

地域包括支援センターの主な仕事

○総合相談・支援
 高齢者やその家族の皆さんが抱える悩みや心配事などに対応します。介護、保健、医療、福祉に関することなどご相談ください。

◯介護予防ケアマネジメント
 介護が必要となるおそれのある高齢者(基本チェックリスト該当者)及び要支援1・2の方に対して、その方の能力に応じた適切な介護予防サービスを利用できるよう介護予防サービス計画(ケアプラン)を作成し、利用者やご家族を支援します。

○権利擁護
 高齢者の皆さんが安心して暮らせるよう、さまざまな権利を守ります。高齢者虐待の早期発見や、成年後見制度の紹介などを行います。

○包括的・継続的ケアマネジメント支援
 高齢者に対して、包括的かつ継続的サービスが提供されるように、地域の多様な社会資源を活用したケアマネジメント体制の構築を支援します。

○認知症施策
 「認知症地域支援推進員」を配置し、認知症に関する相談や訪問支援、講話等による正しい知識の普及啓発を行っています。
 また、認知症サポート医と医療系・介護系専門職からなる「認知症初期集中支援チーム」を設置し、必要な対象者へチームによる訪問、相談支援等を行います。

○生活支援体制整備
 高齢者等の日常生活を支えるため、ボランティア、NPO等、多様な事業主体による軽度な生活支援サービスの提供体制づくりを推進しています。

○在宅高齢者等「食」の自立支援事業(配食サービス)
 おおむね65歳以上の高齢者のみ世帯の方で、疾病等により食生活の自立が困難な方を対象に、配達員が「見守り」も兼ねて昼食・夕食の弁当を配達します。(1食400円)
 調査を実施し、心身の状態や家庭環境等により配食回数が決定します。

○緊急通報システム事業
 ひとり暮らしの高齢者や障害を持つ方で、かつ持病をもち見守りが必要な方を対象に、固定電話回線を利用した緊急通報システムを設置します。必要時に状況を確認いただけるよう原則3名の協力員の方の登録が必要です。

お問い合わせ先

健康ほけん課 地域包括支援センター 電話番号:0957-46-1173(平日8時30分〜17時15分)
(注)緊急時の休日・夜間の連絡については、役場当直経由での対応となります。