top

平成29年度 じょうずに予防接種を受けるために

予防接種を受ける前の注意

1 町が配布した「予防接種と子どもの健康」をお読みになり、十分理解したうえで受けてください。
2 乳幼児期の予防接種は個人通知をしませんので、計画的に受けてください。
3 母子手帳を必ずご持参ください。(忘れた場合は受けられません。)
4 対象年齢を過ぎてしまうと、任意の予防接種となり、自己責任・自己負担での接種となります。
5 なるべく、「標準的な接種」の受け方で受けるようにしてください。
6 予防接種の受け方についてわからない場合は、役場健康推進係保健師(0957-46-1200)までお尋ねください。

接種場所

県内の各医療機関(一部を除く)

接種期間

年間を通して受けることができます。必ず予約をして下さい。

接種スケジュール

◯ヒブ
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な接種
生後2〜60か月に至るまで 開始年齢が生後2〜7か月に至るまで
初回3回
追加1回
【初回】生後12か月に至るまでの間に、27日以上あける
【追加】初回接種終了後7か月以上あける
※生後、12か月までに3回の初回接種を終了せずに生後12か月以降に追加接種を行う場合は、初回接種終了後27日以上の間隔をおいて1回
【初回】生後2〜7か月に至るまでに開始
【追加】初回接種終了後7〜13か月まで
開始年齢が生後7〜12か月に至るまで
初回2回
追加1回
【初回】生後12か月に至るまでの間に、27日以上あける
【追加】初回接種終了後7か月以上あける
※生後、12か月までに2回の初回接種を終了せずに生後12か月以降に追加接種を行う場合は、初回接種終了後27日以上の間隔をおいて1回
開始年齢が生後12〜60か月に至るまで
1回
-
◯小児用肺炎球菌
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な種類
生後2〜60か月に至るまで 開始年齢が生後2〜7か月に至るまで
初回3回
追加1回
【初回】生後24か月に至るまでの間に、27日以上あける
※ただし、初回2回目の接種が生後12か月を超えた場合、初回3回目の接種は行わない。
【追加】初回終了後60日以上の間隔をおいて、生後12か月に至った日以降
【初回】生後2〜7か月に至るまでに開始
【追加】生後12〜15か月に至るまで
開始年齢が生後7〜12か月に至るまで
初回2回
追加1回
【初回】生後24か月に至るまでの間に、27日以上あける
【追加】初回終了後60日以上の間隔をおいて、生後12か月に至った日以降
開始年齢が生後12〜24か月に至るまで
2回
60日以上あける
開始年齢が生後24〜60か月に至るまで
1回
-
◯B型肝炎 平成28年10月から定期接種になりました。
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な接種
生後1歳に至るまで 3回 【2回目】1回目の接種から27日以上の間隔をおく
【3回目】1回目の接種から139日以上の間隔をおく
生後2月に至った時から
生後9月に至るまで
◯四種混合(ジフテリア・百日咳・ポリオ・破傷風)
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な接種
生後3〜90か月に至るまで
1期初回
3回
20日以上あける 生後3か月に達した時から12か月に達するまでの間(20〜56日までの間隔)
1期追加
1回
1期初回接種(3回)終了後6か月以上あける 1期初回接種(3回)終了後 12〜18か月の間
◯BCG
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な接種
生後1歳に至るまで
1回
-
生後5か月に達した時から8か月に達するまでの間
◯水痘
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な接種
生後12〜36か月に至るまで
2回
-
【1回目】生後12〜15か月に達するまで
3か月以上あける 【2回目】1回目接種終了後6か月〜12か月までの間隔をおく
◯麻しん風しん混合
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な接種
生後12〜24か月に至るまで
1期1回
-
 
小学校就学前の1年間
2期1回
◯日本脳炎
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な接種
生後6〜90か月に至るまで
1期初回
2回
6日以上あける 3〜4歳までの間
(6〜28日までの間隔)
1期追加
1回
1期初回終了後6か月以上あける 4〜5歳までの間
1期初回終了後、おおむね1年の間隔をおく
9歳以上13歳未満
2期1回
-
9〜10歳までの間
◯二種混合(ジフテリア・破傷風)
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な接種
11歳以上13歳未満
1回
-
11〜12歳までの間
◯子宮頸がん
 現在、積極的な接種の呼びかけを差し控えています。接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。また、サーバリックスとガーダシル2つのワクチンを混合して接種することはできません。同一のワクチンを3回続けて接種するようにしてください。
<サーバリックス>
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な接種
12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子
3回
【2回目】1回目から1か月以上あける
【3回目】1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上あける
13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間
【2回目】1回目の接種から1か月あける
【3回目】1回目の接種から6か月あける

<ガーダシル>
対象年齢
回数
時期・間隔
標準的な接種
12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子
3回
【2回目】1回目の接種から1か月以上あける
【3回目】2回目の接種から3か月以上あける
13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間
【2回目】1回目の接種から2か月あける
【3回目】1回目の接種から6か月あける
◯次の予防接種との間隔
6日以上あけるもの ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、二種混合、日本脳炎、子宮頸がん、三種混合、不活化ポリオ、B型肝炎
27日以上あけるもの BCG、麻しん風しん混合、水痘

保存用資料

上記スケジュールが一覧となった資料です。ダウンロードしてお手元に保存してください。
平成29年度じょうずに予防接種を受けるために PDF:272KB

インフルエンザ予防接種について

 高齢者及び0歳〜中学3年生までを対象に、インフルエンザ予防接種を実施します。希望する方は下記を参考にし、受けられますようお知らせいたします。
 
高齢者
0歳〜中学3年生まで
対象者
65歳以上の高齢者
(接種日に65歳以上の方)
・60歳以上65歳未満の方で、下記に該当する方
ア 心臓、じん臓、呼吸器の機能障害により、身体障害者手帳1級相当の方
イ ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害に
より、身体障害者手帳1級相当の方
おおむね6ヶ月以上の乳幼児
・小学生
・中学生
公費負担額
1回 2,500円 (1回のみ)
(生活保護世帯の方は1回4,100円)
1回 2,600円 
(0歳〜13歳未満:2回)(13歳以上:1回)
(生活保護世帯の方は1回4,100円)
接種期間 
平成28年10月1日 〜 平成29年1月31日
接種医療機関
県内医療機関
県外医療機関
郡外医療機関
郡内医療機関
接種方法
予約して受けて下さい。 @接種を受ける前に申請をして下さい。 印鑑を持参し、役場健康推進係へおいで下さい。(予防接種実施依頼書を発行します。)

A医療機関で全額支払い、領収書、母子手帳(接種済証)、印鑑、通帳(振込先のわかるもの)を持参し健康推進係へ再度助成の申請をして下さい。後日助成金を支払います。 ただし「予防接種実施依頼書」により接種した方のみとなります。
・助成期限は平成29年3月31日まで
予約をして受けて下さい。
自己負担額
各医療機関が定める接種料から上記公費負担額を差し引いた額
※ただし、生活保護世帯の方は自己負担が免除されます。
各医療機関が定める接種料から上記公費負担額を差し引いた額
※ただし、生活保護世帯の方は自己負担が免除されます。
接種の際の
注意事項
・予診票は各医療機関に設置しています。
・以下に該当する人は予防接種が受けられません。
@発熱している人(体温37.5℃以上)
A急性疾患にかかっている人
Bインフルエンザ予防接種に含まれる成分によってアレルギー反応を起こしたことがある人
Cその他医師が不適当な状態と判断した場合
D東彼杵町に住所がない人

お問い合わせ先

役場健康推進係 保健師 0957-46-1200

  • ホーム 町のごあんない
  •  くらしのガイド
  •  施設案内 トピックス お問い合せ サイトマップ