町章

東彼杵町特定不妊治療医療費助成事業について

 子どもがほしいと望んでいるにもかかわらず、子どもに恵まれないご夫婦の不妊治療を支援するため、長崎県が実施する助成事業に上乗せする形で、平成25年4月から町においても助成制度をスタートしました。
(※特定不妊治療とは、不妊治療のうち、保険適用がされず1回の治療費が高額である「体外受精」及び「顕微授精」のことをいいます。)

助成を受けることができる方

 法律上の婚姻をしている夫婦で、次の要件のすべてに該当する方が対象となります

1 ご夫婦の一方または両方が、東彼杵町内に1年以上住所を有し、かつ引き続き申請日現在も在住していること。
2 前年(申請日が1月〜5月の場合は前々年)のご夫婦の所得の合計額が730万円未満の方
3 長崎県特定不妊治療費の助成を受けていること。
4 治療開始時の妻の年齢が43歳未満の者

対象となる治療

体外受精、顕微授精

助成金額等

 1回の治療につき10万円(凍結胚移植(採卵を伴わないもの)等については5万円)を限度とし、初めて助成を受ける際の妻の年齢が40歳未満の場合、通算助成回数は6回まで、40歳以上43歳未満は通算3回まで。

申請に必要な書類

1 東彼杵町特定不妊治療費助成申請書
2 長崎県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
3 長崎県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
(長崎県以外の都道府県、又は政令指定都市もしくは中核市が実施する特定不妊治療に係る助成を受けている場合、1・2は助成を受けた自治体で発行された通知書及び証明書の写しが必要です)
※上記書類のほか、印鑑、通帳(振込先の口座がわかるもの)をご持参ください。
ぜひご活用くださいの画像 妖精のイラスト

お問い合わせ先

健康ほけん課 健康推進係 0957-46-1111
↑トップへもどる