top

軽自動車税の税率が変更になります

 @原動機付自転車、二輪の軽・小型自動車、小型特殊自動車、ミニカーについて
   下表の車両については、購入や登録の時期にかかわらず、全ての車両について新税率が適用されます。
区   分 平成27年度まで 新税率
 原動機付自転車  50cc以下 1,000円 2,000円
 50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
 90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
 二輪の軽自動車  125cc超250cc以下 2,400円 3,600円
 二輪の小型自動車  250cc超 4,000円 6,000円
 小型特殊自動車  農耕用 1,600円 2,400円
 その他 4,700円 5,900円
 ミニカー 2,500円 3,700円
 A三輪車、四輪車の軽自動車について
   平成27年4月1日以降に新車登録した軽自動車の税率は、平成28年度分から新税率が適用されます。
   また、新車登録から13年を超えた軽自動車については、経年重課が課されます。
区  分 平成27年3月31日まで
の登録車
平成27年4月1日以降の登録車(新税率) 経年重課




自家用 乗 用 7,200円 10,800円 12,900円
貨物用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 乗 用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物用 3,000円 3,800円 4,500円
三輪のもの 3,100円 3,900円 4,600円
  ・経年重課とは 新車登録から13年超の軽自動車(初度検査登録平成14年以前)は、概ね20%を重課する特例措置の
   ことです。
 B三輪車・四輪車の軽自動車に対するグリーン化特例(軽課)について
  ・グリーン化特例(軽課)とは
   平成27年4月1日から平成28年3月31日までに新車登録した軽四輪車等で、一定の環境性能を有するものについて、
   その燃費性能に応じ、取得の翌年度分(平成28年度分)に限り、税率を軽課(概ね75%、50%、25%軽減)する特例
   措置です。
区  分 平成27年4月1日以降の新車
適用前税率 グリーン化特例(軽課) ※取得の翌年度分に限る。
概ね75%軽減(※1) 概ね50%軽減(※2) 概ね25%軽減(※3)




自家用 乗 用 10,800円 2,700円 5,400円 8,100円
貨物用 5,000円 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 乗 用 6,900円 1,800円 3,500円 5,200円
貨物用 3,800円 1,000円 1,900円 2,900円
三輪のもの 3,900円 1,000円 2,000円 3,000円
  ※1 電気軽自動車、天然ガス自動車(ポスト新長期規制からNOx10%低減)
  ※2 <乗 用>平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
     <貨物用>平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
  ※3 <乗 用>平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車
     <貨物用>平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車
  お問い合わせ:東彼杵町役場 税務課 固定資産税係 電話:46-1261(直通)
 
 

  • ホーム 町のごあんない
  •  くらしのガイド
  •  施設案内 トピックス お問い合せ サイトマップ