町章
ホームくらしのガイド>高齢者肺炎球菌予防接種
高齢者肺炎球菌予防接種
対象者
接種回数
公費負担額
自己負担額
接種方法
接種期間

高齢者肺炎球菌予防接種

 予防接種法の改正に伴い、平成26年10月1日より、高齢者肺炎球菌予防接種が定期予防接種に追加されました。肺炎球菌予防接種は、肺炎球菌による肺炎の感染予防・重症化予防のためのワクチン接種です。かかりつけ医に相談し、接種の効果や副反応について十分に理解した上で、接種してください。

令和2年度の対象者

(1)令和2年度中に下記年齢になる方
65歳となる方 昭和30年4月2日生〜昭和31年4月1日生
70歳となる方 昭和25年4月2日生〜昭和26年4月1日生
75歳となる方 昭和20年4月2日生〜昭和21年4月1日生
80歳となる方 昭和15年4月2日生〜昭和16年4月1日生
85歳となる方 昭和10年4月2日生〜昭和11年4月1日生
90歳となる方 昭和5年4月2日生〜昭和6年4月1日生
95歳となる方 大正14年4月2日生〜大正15年4月1日生
100歳となる方 大正9年4月2日〜大正10年4月1日生
(2)60歳以上65歳未満の方で下記に該当される方
ア 心臓、じん臓、呼吸器の機能障害により、身体障害者手帳1級相当の方
イ ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害により、身体障害者手帳1級相当の方
(注)今までに肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライド)の接種を受けたことがある人は対象外となります。

接種回数

1回

公費負担額

3,055円

自己負担額

各医療機関が定める接種料から町助成額を差し引いた額
(注)生活保護世帯の方は無料(ただし、医療機関へ医療券または生活保護受給証明書の提示が必要です。)

接種方法

1 県内医療機関で受ける場合
 医療機関に予約をして受けてください。
2 県外または一部医療機関(医師会契約外)で受ける場合
 必ず事前に役場健康推進係へ申請をしてください。印鑑が必要です。予防接種後、一旦全額を支払い役場健康推進係へ助成の申請をしてください。
(注)対象者ア、イに該当する方は、受診時に身体障害者手帳をご持参ください。

接種期間

年間を通して受けることができます。

お問い合わせ先

健康ほけん課健康推進係 電話番号0957-46-1200