○漁港管理条例施行規則

昭和45年9月25日

規則第8号

(目的)

第1条 この規則は、東彼杵町漁港管理条例(昭和45年条例第17号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(危険物等)

第2条 条例第6条第3項の規定による危険物の種類は次の通りとする。

(1) 港則法施行規則(昭和23年運輸省令第29号)別表第3に掲げるもの

(2) 食品衛生法(昭和22年法律第233号)第4条に規定する食品又は添加物

(3) 毒物及劇物取締法(昭和25年法律第303号)別表第1及び第2に掲げるもので医料品以外のもの

(4) 伝染病予防法(明治30年法律第36号)に規定する伝染病に汚染、又は汚染の疑いがあるもの

(許可等の申請)

第3条 条例第6条第2項の規定による許可を受けようとする者は様式第1号による申請書を町長に提出しなければならない。

第4条 条例第10条の規定による届出は様式第3号による届書を町長に提出するものとする。

第5条 条例第11条第1項の規定による許可を受けようとする者は、別記様式第4号による申請書に次に掲げる書類を添え町長に提出しなければならない。

(1) 占用の場合は、場所を明示した平面図(縮尺2,000分の1メートルを原則とする)及び占用しようとする区域の実測求積図

(2) 工作物の新築、増築又は改築の場合は設計書、構造図及び平面図

(入出港の届出)

第6条 条例第13条の規定による届出は、様式第5号による届書を町長に提出するものとする。

附 則

画像

画像

画像

画像

画像

漁港管理条例施行規則

昭和45年9月25日 規則第8号

(昭和45年10月25日施行)

体系情報
第9類 業/第2章
沿革情報
昭和45年9月25日 規則第8号