町章
ホームくらしのガイド>幼児教育・保育の無償化について
幼児教育・保育の無償化について
保育の必要性について
1号認定の児童の預かり保育無償化について
認可外保育施設、一時預かり事業、病後児保育事業の無償化について
その他無償化関連チラシ

幼児教育・保育の無償化について

 令和元年10月から、幼稚園・保育所・認定こども園などに通う3歳〜5歳の児童に係る保育料が無償化されます。(0〜2歳の非課税世帯の児童も無償化)
 認可施設を利用している人は、保育料の無償化の手続きは不要です。
 幼稚園・認定こども園の預かり保育事業、認可外保育施設、一時預かり事業、病後児保育事業を利用する人は、保育の必要性がある場合のみ無償化の対象となりますので、保育の必要性の認定申請の手続きが必要です。

保育の必要性について

 保育の必要性とは、児童の保護者が仕事や疾病、就学のため家庭で児童を保育できない状態であることいいます。
 家庭で児童を保育できない状態であることを証明する書類を提出すると、「保育を必要とする状態である」と認定を受けることができます。
保育が必要な理由 認定期間 必要書類
仕事をしている(月60時間以上) 就労開始の2週間前から就労継続中の期間 勤務証明書、勤務確認書(自営業)
病気・障害のため保育が困難な状態 入院:入院2週間前から退院日まで
自宅療養:療養期間
障害:再認定がある場合その期日まで
入院:入院期間がわかる病院の証明書
自宅療養:療養期間が示された診断書
障害:障害者手帳(写)
介護・看護等 入院や療養を必要とする期間 医師の診断書、介護認定証、介護スケジュール等
出産準備や出産後の休養が必要である 出産予定日の前後3か月 母子手帳(写)
仕事を探している 3か月 求職活動申立書
職業訓練校や学校等に通っている 在学期間中 在学証明書およびカリキュラムがわかるもの

1号認定の児童の預かり保育無償化について

<対象者・対象経費>
 保育の必要性があると認定された3歳児〜5歳児:450円×利用日数または11,300円が無償化上限額
 保育の必要性があると認定された非課税世帯の満3歳:450円×利用日数または16,300円が無償化上限額
<手続き>
 子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書に記入・押印し、保育の必要性に応じた書類を添付し、東彼杵町役場町民課福祉係に提出して下さい。
(様式)
子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書 PDF:814KB
勤務証明書 PDF:102KB
勤務確認書 PDF:87KB
就労予定申立書 PDF:110KB
(記入例)
子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書 PDF:515KB

認可外保育施設、一時預かり事業、病後児保育事業の無償化について

<対象者・対象経費>
 保育の必要性があると認定された3歳児〜5歳児:月額37,000円が無償化上限額
 保育の必要性があると認定された非課税世帯の0歳児〜2歳児:月額42,000円が無償化上限額
(注)十分な日数・時間の預かり保育を実施している園に在園している1号児、認可保育所等の保育部分を利用している2・3号は対象外です。
<手続き>
 子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書に記入・押印し、保育の必要性に応じた書類を添付し、東彼杵町役場町民課福祉係に提出して下さい。
(様式)
子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書 PDF:814KB
勤務証明書 PDF:102KB
勤務確認書 PDF:87KB
就労予定申立書 PDF:110KB
(記入例)
子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書 PDF:515KB

その他無償化関連チラシ

幼児教育・保育の無償化チラシ PDF:571KB
副食費関連チラシ PDF:475KB
預かり保育無償化チラシ PDF:508KB

お問い合わせ先

町民課福祉係 電話番号:0957-46-1155