町章

東彼杵町交際費を公開します

 交際費とは、「地方公共団体の長等が、当該団体の利益のためにその団体を代表し、外部と交渉をするために要する経費」で、例えば、町政に関わりのある方への香典代や見舞金、企業誘致の折の相手方への手土産品、各種会議総会への酒類の寄贈などに要する経費です。
 交際費の支出は、町政の円滑な運営に必要なものではありますが、経費の性質上、その支出に際し相手方の領収書が不要となる場合もあります。また、これらの経費は、学校を作ったり、道路を造ったり、生活保護に使ったりするお金とは違い、皆さんの生活に直接的に関係のあるものではありません。したがって、「交際費」の支出は、現在の厳しい財政事情から積極的に公開することが必要であると考え、過去5ヵ年分の交際費の支出状況(金額、件数及び内訳)を以下に掲載しています。
H20〜24年度決算における交際費の推移
表H20〜24年度決算における交際費の推移
積上げグラフH20〜24年度決算における交際費の推移
平成24年度交際費内訳の円グラフ
 交際費全体では、前年より123,714円(+24.6%)の627,040円となり、過去9年間で三番目に多い年となりました。交際費を内容別にみてみると、寸志等で1.07倍、香典・見舞金等で3.8倍となっていました。