町章
矢印の画像社会資本総合整備計画のお知らせ

社会資本整備総合交付金とは

 地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組みについて、これまでの個別補助金を原則廃止し、基幹となる事業(基幹事業)の実施のほか、基幹事業と一体的に実施することが必要な社会資本整備事業(関連社会資本整備事業)や基幹事業と一体となってその効果を一層高めるために必要な事業等(効果促進事業)を一体的に支援するため、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

社会資本整備総合交付金の目的

 地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組みを支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の保全及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を目的とするものです。

社会資本総合整備計画について

 事業を実施するためには、社会資本の整備その他の取組みに関する計画(社会資本総合整備計画)を作成する必要があります。東彼杵町の下水道に関する計画は、「長崎県及び市町(諌早市を除く)の計画」に包含されております。社会資本総合整備計画及び事前評価の内容については、長崎県水環境対策課ホームページ(外部サイト)をご覧下さい。